プロフィール

【HN】:カズヤ
【出身】:福岡(ただしド田舎です)

【性格】:穏やかで優しい性格だと
     よく言われます。

【職歴】:バンド(bass担当)
     ブラック営業会社
     外資系保険営業
     自営業・某法人代表

【趣味】:漫画・旅行・映画
     ドラマ・甘党巡り
     筋トレ・ランニング
     ドライブ・アウトドア全般
     温泉

【目標】:自由に生きていく。

【音楽】:バンプ、ラッド
     フランプール、タシカ
     洋楽全般。

【映画】:ジブリ・ディズニー全般
     名探偵コナン、君の名は

【漫画】:キングダム、孤高の人
     東京グール、デスノート
     ハンターハンター、etc 

 

ブラック営業時代

はじめまして
カズヤです。


私は、過去に、「ブラック営業会社」で働いてました。
一応、実際はちゃんとした会社です。
やってる事はほぼブラックですが。



入社初日からインターネットの
電話営業100件4日もすると
一人で契約完結までやるのは当たり前(笑)



最初のノルマは一日1件から
最終的には3件に上がっていきます。
電話営業部門で月成績1位か2位を
とると次のステップ


生命保険の飛び込み営業!!
なんとノルマ1日1件!!
*珍しいことに親戚、知人に行くことは禁止でした。甘えるなと、、、、笑


補足ですが給料はほとんど変わりません。



ここでの仕事は相当辛かったです。
8時出社ですが23時まではほとんどの営業マンが会社にいました。


安月給で将来安心?




仕事にもなれて一人前の営業マンになったときにふと色んな考えが頭をよぎりました。


「毎日の通勤電車」
「過酷な労働」
「クレーム対応、消費者センターからもたびたび」
「ノルマに対する精神的な圧迫」
「このまま、この会社で何年も働いて身体と心はもつのだろうか?」



という気持ちが日に日に強くなり
もともと夢見がちな私は、
何かを追い求める気持ちを強く持ち始めたのです。


「月収100万円」と
「お金」への欲求




そんな時、偶然電話が入ってきて




某外資系支社長
「○○会社の○○ですけど、社員の○○の紹介でお電話いたしました」



カズ     
「はい、なんでしょうか?」  
 ↑○○も同業主だったなぁ・・・



某外資系支社長
「お話伺ったところ、飛び込みだけで月20件前後契約とっているとこか」



カズ     
「だいたいそのくらいですね」 



某外資系支社長
「凄いですね!!失礼ですが、給料はおいくらですか?100ぐらいですか」



カズ     
「100?普通に23万程ですが」 



某外資系支社長
「それはとても損してますよ!!一度お会いしてお話させて下さい」



とこんな事で100万ワードの魅力と
「騙されてるんじゃないか?」と
不安と期待を膨らませつつ
会いに行くことに


補足ですが
この時は契約月20件ぐらいとってて



ここが初の営業会社だったのでが普通で他の会社もそうだと思ってました。



だって、ここの会社はほぼそうでした



それに僕で中の上でしたからwww


そして
月収100万円というのは、もちろんセールスの仕事。



同業種でしたが完全歩合給のセールスです。



売れなければ給料は無いですが、
売れれば大きく稼ぐことができる。



半年最低ノルマ未達成の場合はクビ。
実力主義世界に足を踏み込みました。



知らぬうちに培ったスキルで人生楽しく思えた日々




そこから奇跡がおきます。



完全歩合の会社なので売る商品も
自分で決めれます
ノルマのみ考え上司に怒られない様に
契約をもぎ取る毎日からの開放。



そして前会社で培った営業スキルで
良い商品を提供するので飛ぶように売れていきます。


一昔前なので今は違いますが、
更新型の定期付き終身保険が
出回っていました。



どんどん値段が上がって
保障落ちるやつです。



その更新型や新卒にも医療や高額な
終身保険を売る事はしませんでした。



だって、私が客だったら嫌だもん!!
という思考です。


なので若い人には健康保険で
ほとんどまかなえる事
本当に利便性の高いのは現金だ!!
としっかり伝え最低限の保険と
貯蓄多めで契約とっていきました。



最初の一年は銀行の定額で強制貯金し
そこから利率の良い終身を積上げましょう。
といったり



保険は便利だが万能ではない!!
怪我や死亡では出るが、
結婚ラッシュのご祝儀ラッシュ、
失業時の生活費補填はないので・・・
といっていました。



保険屋なのに保険を売らない
批判するスタイルが良かったのか
自分からお願いしていないですが紹介もでてきました。


良い商品はバックも低いですが精神的にはかなり安定していました。



本当の価値の提供程
素晴らしい事はない




ブラックな会社で自身の利益だけで
お客様に価値を提供しようという気持ちが薄かった過去。



そういう苦い経験があったからこそ
本当の価値をお客様に提供することを
第一主義として自分の持つ力を活かせた事がとても大きな感動を生みました。



もっとお客様の役に立とうという
気持ちで、たくさん勉強しました。



国家資格も4つ取得し家計の見直し
不動産、相続トラブル、確定申告
投資の相談等もたくさん乗り
価値ある情報を提供してきました。



つまり、金儲け主義から
「人に価値を与える」
という意識の転換です。


私利私欲の金儲けに得られないもの

自分の紹介するものに自信を持ち
読者様の為これを勧めるんだ!!
という気持ちがあれば
私利私欲を持たなくても、金儲けに走る以上の結果は出るものです。


そして、お客様にも本物の価値だけを提供できるのです。




そこから生まれる人との連鎖は、何より代え難い資産となるはずです。



私利私欲に走った金儲け主義には得られないもの



彼らが一時的に稼げても消えるのは
「お金」だけを見て
「人」を見ていないからです。


何も難しく考えることはないのです。
私たちがするべき事は自分自身で
自信の持てる価値を提供する事を、
第一主義とすること。
ただそれだけなのです。



1年中休みの感覚は無いようなもの

セールスの世界は、時間的自由、
そして何より精神的自由がありませんでした。



朝からミーティング、研修、契約用の資料作成



そして上司や部下、お客さんとの
断り切れない飲み会も
営業の世界では日常茶飯事。


休日もお客様もお客様からの
連絡を受ける必要があり
携帯はいつ鳴り出すかわかりません。



その内容は問い合わせやクレームの
場合もあるので、1年中休みの感覚は
無いようなものです。



休日に家族で出かけていても
携帯が鳴るたびに、仕事の世界に…


立場もあり、給料もサラリーマンとは
比較にならない高級でしたが、
元々、夢見がちな私はそれを捨て、
新たな世界を探し求めたのです。



自分自身の資産となる稼ぐ力を身に付けるつける決心

その後もいろんな挫折を繰り返し
それらの経験の中で強く思ったのは
何があっても路頭に迷わない
自分自身の資産となる、稼ぐ力を身に付けるという決心でした。



セールスの世界で叶えられるかもしれませんが、そこに自由がなければ何の意味もありません。


今は、例え正社員に就けても、
一昔前とは違い、いつリストラや
倒産に巻き込まれるかわからない時代です。



事業を起こしてもリスクが高く、
雇われの身でも、またリスクの高い、
そうしようもない時代です。



どんな状況下でも、自分で稼げる力
自分の資産として永久に身に付けられる方法。




その手法として最終的に選んだのが
転売でした。



試行錯誤でがむしゃらな日々




私が最初に転売を始めたのが
2016年11月でした。



最初に取り組んだのが店舗せどりです
セール品を買いネットで販売するという方法でした。




特に情報商材を購入することもなく独学で取り組みはじめたんです。



さまざまな壁やトラブルに巻き込まれ
必死に努力し月商を積み上げていけました。



おかげで1年立つころには法人化し
従業員も2人雇いメーカー仕入れ、卸し仕入れ、電脳、店舗仕入れも転売から会社運営まで一通り全部できるようになっていました。



当ブログ運営の
「根底にある理由」






私がブログを運営しようと思ったのは
今までの過去の経験からくる思いが強いです。



転売一つとっても情報が溢れかえっています。



正しい情報を包み隠さず提供する人もいれば、詐欺や高額なコンサル
最初だけ対応が良いがあとから放置
一昔の情報を平気で売りつける金儲け主義者。
言い始めたらきりがないのでこの辺で。



なのでここではしっかりと真実を
伝えていこうと思います。



転売は簡単ですが楽ではないです。



誰かに教えてもらっても自分で
考える力を身に付けないと
長くは続きません
(アマゾンが規約をすぐ変えるので)



一番大事なのは対応力
その根底にある思考力です。



それを提供する
それが本当の価値だと思います。



これが当ブログを運営しようと思った
「根底にある理由です」



自分自身で稼ぐ力を身に付け、
安心をえていただければ、
それほどうれしいことはありません。



当ブログでは他の成功者たちが隠したい真実や、
成功しやすくなる考え方を提供したいと思っています。



Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す