ヤフーショップの開店、併売のノウハウ、メリットとは?



せどりや、使わなくなったグッズの処分、自分のオリジナル商品を売りたい、という場合、ヤフーショップで開店し、販売を行うのも有効な手段です。


ヤフーショップの出店は、Amazonや楽天などと比べても、いろいろとメリットがあるようです。


それは、どういったところか皆さんご存知ですか?


ヤフーショップの開店のメリット、ヤフオクとの併売のノウハウやメリットなどについて考察していきたいと思います。


またヤフーショップの出店ツールを活用すれば、Amazonとの併売もできます。


さらに、現在は、ヤフーショップとヤフオクの両方の売り場で商品を併売することも可能となっています。


併せて、併売のノウハウについても紹介していきますね。



ヤフーショップで開店するメリットは?


せどりなどで商品を販売するのに、Amazonや楽天などのECサイトで販売するのと比べ、ヤフーショップで開店するのはどのようなメリットがあるのでしょうか?


まず、Amazon、楽天などと比べ、初期費用が安くて済む、ということがあります。


ヤフーショップの場合、初期費用、月額システム利用料、売上ロイヤルティなどが一切かかりません。



かかる費用としては、Tポイント原資負担(2.5~16.5%)、アフィリエイトパートナー報酬原資(1~50%)、アフィリエイト手数料(アフィリエイトパートナー報酬原資の30%)などがあります。


これ以外、クレジットカード支払い、モバイル決済、コンビニ決済、銀行振込決済など、決済サービスごとに個別手数料を負担することになりますが、決して高くはありません。


他には、ヤフーが実施するキャンペーン等の原資、一部オプションサービスも自己負担となることがあります。


詳しく書くとわかりにくいですが、簡潔にいうと販売手数料平均して5%前後になるかと思います

アマゾンで15%の販売手数料のカテゴリーと比べると段違いの安さです。


集客力が、やはり魅力!


Yahoo! JAPANは、毎月4000万人以上が利用し、Yahoo! JAPANのトップページ、検索結果ページ、各サービスページ、アプリなどからお客を誘導できます。


Yahoo! JAPANで商品などを検索すると、ヤフーショッピングの案内として表示されることがあり、上位でヤフーショッピングに表示されると、アクセスが格段に向上します。


ヤフーショップの出店は、こうした集客力が魅力で、最大のメリットと言えるでしょう。



また、ヤフーショップの場合、顧客情報は退店するまで保有できます。


このため、消耗品や季節商品などの場合、一定期間ごとにメールを送ることでリピート購入に繋がり、安定した収益が期待できます。


しかもメールの送信はヤフーの場合無料です。


ヤフーショップは、ヤフートップ画面以外にもソフトバンクのユーザーからの集客も行っている、というのも注目でしょう。


ヤフーショップの売上を見てみると、2015年は年間国内流通総額が4,575億円だったのが、2019年は7692億円まで増加しています。



「5のつく日」など、定期イベント時での売上も向上していて、顧客が増えているのがわかります。


5のつく日にポイントアップや独自クーポンを発行するとさらに売り上げが伸びやすいです。


さらに、大規模なイベントの際はテレビCMでのPRも行うことがあり、こうしたイベントに出店すれば、他にも店舗数は多いものの、やはり集客力はかなりのものとなります。


プロモーションも自由


ヤフーショップは、外部リンクもOKなので、他の自社サイトへ客を導くことができ、他にも無料メールマガジンの配信、SNSへのリンクもできます。


他にも、分析ツールや統計情報を活用した戦略的な店舗運営ができ、さらに無料の電話サポートもあります。


こうしたことから、ネットショップの初心者の人でも出店しやすくなっています。



無料でアドバイザーのサポートも


ヤフーショップに出店すると、専任のアドバイザーがついて売上向上のための施策を一緒に検討してもらえ、他にもモール内の様々な情報を教えてもらえます。


しかも無料なのにネットショップに関する情報や、販促のノウハウについても教えてもらえ、他にもいろいろと相談に応じてもらえるので、ネットショップの初心者でも安心です。


Amazonには無いメリットも


Amazonの場合、最近は真贋調査によりアカウント停止、閉鎖のケースが増えているようです。


他にも、配送料の値上げや値下げ競争の激化など、Amazonの出店に不安を感じている人もいます。



これに対し、ヤフーショップは真贋要件がほとんどない、というのも注目です。



また、

・Amazonでの販売規制商品やAmazon限定も販売可能

・規制のきつい初回限定品も可能

・展示品も新品コンディションで販売可能

・電話機など親機なしでも訳ありと記述して新品で売られていることも

・返品率が極端に低い(体感上アマゾンの4分の1くらいです)


Amazonの場合ほぼ新品もカート取得不可となることがあるなど、こうして見ると、Amazonと比べてもメリットが大きいということがわかりますね。



実際に出店してみた人の声は?


「ヤフーショップだと、出店料、ロイヤリティーなどが殆どかからないので、商品が1点でも売れると確実に利益を得られます。


他のECサイトの場合、数は売れるものの利益があまり出ず、手間がかかるだけ、ということが多いのですが、ヤフーショップは、ものすごく売れる、というわけではありませんが、売れ残ることもなく、それなりに利益が出ます」



実際にヤフーショップに出店してみた人の声がこのような感じです。


こうした声を見ても、出店しやすいとともに利益も得やすい、ということがわかりますね。


「ヤフーショップの場合、楽天などと比べ売上面では劣るものの、利益率についてはヤフーショップの方が上です。


楽天だと、売上が大きい半面、かかる費用も半端ではないので、少なくとも出店当初は売れても利益が出るまで行きませんでした」


こんな声もあります。



ヤフーショップ運営のノウハウ、コツ、ポイントは?


ヤフーショップを出店し、運営していくには、ヤフーショップならではの知っておくべきノウハウがあるものです。


それはどういったところでしょうか?


ストアクリエイターproを使いこなそう!


ヤフーショップでストアを出店、運営する際は、ストアのデザイン、店舗情報の管理のほか、商品の登録から購入後の発送連絡まで行える便利なツール「ストアクリエイターpro」があります。



ストアクリエイターproを活用すれば、CSVファイルを使うことで1度に2万件まで商品データの登録、また在庫データも1度に10万件のデータが登録でき、これらの操作は一括で行えます。


これ以外にも、クレジットカード払い、コンビニ支払い、キャリア決済などの支払い方法に対応し、他にも、顧客へのニュースレター配信やクーポン発行なども行うことができます。


ストアクリエイターproでSEO対策も


ストアクリエイターproは分析ツールもあり、このツールを活用することで商品の注文数や売り上げのほか、お客の訪問数の変遷、ページビューなどをグラフで簡単に知ることができます。


また、お客の性別、年齢、どのキーワード検索で来店したのかなどの行動履歴も把握できます。



これらの分析でSEO対策、店舗の運営に活用できるのです。


ストアクリエイターproの設定方法は?


ストアクリエイターproによるSEO対策のポイントとは?


それは、お客がよく検索するキーワード、需要の多いキーワードに注目することです。


そこで、検索対策すべき項目として、商品名、商品コード、キャッチコピー、商品情報、製品コード、JANコード/ISBNコード、ブランドコード、プロダクトカテゴリーが挙げられます。


設定方法として、まずストアクリエイターproの上部分の「商品・画像・在庫」をクリックし、続いて移動したページ上部の「商品管理」をクリックします。



次に、表示された商品の中から、検索対策を行いたい商品名をクリックします。


検索対策を行うべき項目として、まず基本情報は、

・商品名

・商品コード

・キャッチコピー

・商品情報

これらがあります。


次に「販売用情報タブ」をクリックし、

・JANコード/ISBNコード

・製品コード

・プロダクトカテゴリー

・ブランドコード

これらの項目を入力することで、検索対策となります。


最後は、ページ上部の「反映管理」で編集内容を必ず反映させるようにします。



ヤフーショップの出店ツール「クロスマ」を活用して、より効率化を!



ヤフーショップの出店、運営には、出店ツールを活用することで、より効率の良い運営が可能となります。


では、どのような出店ツールがあるのでしょうか?


有効な出店ツールを紹介してみましょう。


ヤフーショップの出店ツールとしては「クロスマ」が注目されています。


クロスマは、簡単な操作で多くの作業が自動化できるので業務効率が効率化され、しかも、ヤフーショップ以外にもAmazonなど様々なモールへの同時出品、販売を行う併売も手助けしてくれます。

登録は下記よりできます

http://liberta1.jp/l/c/3J3KTadV/I3qJONrh


ストア構築、商品ページの作成も簡単に!


クロスマを活用すれば、出品審査通過後の各モールの設定、開店審査まで支援してもらえ、さらにテンプレートからのストアデザイン、ストア構築を15,000円(税別)の初期設定費用内で制作代行してもらえます。


こだわりのあるストアデザインにしたいのなら、クロスマ提携デザイン会社によりオリジナルのデザインで制作してもらえます。


商品ページの作成も、クロスマなら2クリックでAmazonに出品されている商品に限り、データを取得し作成することができます。


受注から発送までもすべて自動化


クロスマなら、商品をAmazonFBAに納品しておくことで、商品が売れると顧客注文情報をクロスマが読み込み、受注から発送処理まで自動で行うことができます。


また、オープンロジという物流倉庫とも在庫に連動した発送の自動化ができるので、FBAに商品ページがないとか、商標や真贋の問題で販売できなくなってしまった、という場合でも、オープンロジを活用して納品、ヤフーショップでの販売が行えます。



さらに、受注、発送処理の中で、顧客に対するメール送信も自動で行ってくれます。


売上管理も簡単に


クロスマなら、商品データに仕入れ値を入力することで、売れた商品のデータに基づいて視覚的に売上管理ができます。


他のECサイトの併売も簡単に


クロスマを活用すれば、FBA倉庫に商品を保管することでAmazon、楽天などの他のECサイトにも出品でき、一つの倉庫で商品を管理しながら併売も簡単に行えるようになります。


これだけ沢山のメリット、活用し甲斐があるツールなのがわかりますよね。

私もこのツールがなければ、

どれだけの時間が持っていかれたのかと思うと、早くに使い慣れて生かせたことがよかったのかなと思っています。


登録は下記よりできます

http://liberta1.jp/l/c/3J3KTadV/I3qJONrh


ヤフーショップに出店するデメリットとは?


初期費用があまりかからず、初心者でも出店しやすいなど、ヤフーショップの出店はいろいろとメリットがありますが、一方で、やはりデメリットや、注意すべき点もあります。


では、どんなデメリットがあるのか?


考察してみましょう。


ヤフーショップは競争が激しい



ヤフーショップは、他のECサイトと比べて出店しやすいこともあり、出店企業の数もかなり多くなっています。


出店企業が多いと活気があり、閲覧する人も多いのですが、そうした中で自分の店に来店してもらうためには、それなりの努力も必要となります。


商品を売るためには、それなりに費用がかかる


自分の店に来店してもらい商品を売るためには、それなりの努力が必要、というわけですが、では、どのような努力をすることになるのでしょうか?


ヤフーの検索結果で上位に表示されるためには、広告が欠かせません。


広告は「PRオプション」「アイテムマッチ」の2つがメインとなり、ヤフーショップで上位に表示されている店は、殆どが、こうした広告を使って上位表示させているのです。


人気の商品や、評価が高い商品も上位に表示されることが多いのですが、ヤフーショップは、やはり広告が検索に大きく影響することになります。


こうしたことから、商品を売るためには、ある程度の広告費をかける必要も生じるのです。



これ以外にも、出店の際は費用が掛からなくても、商品が売れれば、クレジット決済の手数料やポイント料など、必要最低限の費用が生じる、ということは頭に入れておいたほうが良いでしょう。


出店は「プロフェッショナル出店のみ」


ヤフーショップは、これまで比較的簡単な手続・審査で出店できる「ライト出店」と、本格的なネットショップを運営する人向けの「プロフェッショナル出店」の2種類のプランが提供されていましたが、現在はプロフェッショナル出店のみとなっています。


プロフェッショナル出店は、事業者(法人・個人事業主)しかヤフーショップで出店できません。


このため、ヤフーショップで、個人で出店するには「個人事業主」として税務署へ申請する必要があります。



つまり、個人で気軽にストアを出店することはできない、ということは知っておいたほうが良いでしょう。


ただ、プロフェッショナル出店でも費用が余計にかかるわけではなく、これまでの「ライト出店」よりも高機能で多くのことが出来る出店形式となっています。


むしろ、個人が自由にヤフーショップで出店できなくなったということは、個人の杜撰な出店が無くなり、却ってモールが健全化されたと言えるかもしれません。


出店には審査が必要


ヤフーショップは、誰でもすぐに出店できるわけではなく、出店審査が必要となります。


出店できるのは法人か個人事業主で、法人の場合登記簿謄本が、個人事業主だと開業届、住民税の納税証明などが必要となります。


これは、Amazonなどで大量に販売している中国の業者や、詐欺業者を排除するためですが、逆に、ヤフーストアはそれだけ健全なストア、ということになります。



また、審査自体も決して厳しいものではありません。



ヤフーショップでヤフオク併売も!



ヤフーショップは、「ヤフオク!併売」機能の提供も行っています。


「ヤフオク!併売」機能の利用は、ヤフーショップの契約に加え「併売対象条件を満たし」かつ「ヤフオク!」へのストア契約も必要となります。


対象となるのは、


・ヤフーショップの出店者で、ヤフオク!にストアを出店している、もしくは新規に出店をする出店者。


・「中古商材を定額にて取り扱う」出店者。


これらの条件をすべて満たし、ヤフオク!ストアのYahoo! JAPAN IDとヤフーショップのストアアカウントが連携されている出店者が対象となります。


「競り」および「新品定額」の商材に関しては、併売機能対象外となります。


また「消費税設定の統一」も必要条件となり、ヤフーショップとヤフオクで消費税の設定を統一しなければいけません。


ヤフオクに出品できるのは「中古」のみ、ということですが、新品は出品できないのでしょうか?


実は、新品でも出品できるのです。


新品で出品するのなら「基本情報」タブの商品状態は「中古」で、「ヤフオク!追加情報」で商品の状態の「該当なし/未使用/未使用に近い/目立った傷や汚れなし/やや傷や汚れあり/全体的に状態が悪い」から「未使用」に選択すれば出品が可能です。



ヤフーショップ閉店の原因とは?


せっかくヤフーショップを開店しても、運営がうまくいかずに閉店に追い込まれてしまうケースもあるようです。



では、その原因はなんでしょう。


ヤフーショップがうまくいかない原因も把握しておき、安定した運営につなげることも大事です。


ヤフーショップの中には、このような記載もあります。


-利用規約やガイドライン違反の行為が疑われる場合は、Yahoo! JAPANの判断により、強制休店の措置を行う場合があります。


ヤフーショップを開店しても、強制休店にならないよう、注意すべき点もあるのです。


では、一番注意すべき点は?


それは、やはりお客への対応です。



特に、商品の返品・交換・キャンセルは結構あることなので、これに対してきちんとした対応を行わなければいけません。


ヤフーショップには「お買い物ガイドページ」があるので、このページか、もしくは商品説明の中に返品・交換・キャンセルの特約について明記しておく必要があります。


返品・交換に必要となる配送料や手数料については、社会的常識の範囲内で設定することです。


また、送料以外、梱包料や代引き手数料などの費用が掛かる場合、ショッピングガイドで必ず費用の詳細を記入しておくことです。


時には、Yahooから配送に関した書類の提出を求められる場合もあるようです。


商品の配送が遅いとか、誤納品、請求ミスなどがあると、お客様から悪い評価をつけられてしまう恐れがあります。


Yahooは、お客様の評価などからも出店者の運用状況をチェックしていて、悪い評価が多いと運営に問題があると判断され、強制休店とされる恐れもあります。


何がしかの問題、トラブルが生じると、Yahooから改善資料の提出などを求められることもあります。


この場合、迅速に対応し、誠意のある姿勢を見せれば休店を免れる可能性もあります。


このため、Yahooの本部から届くメールはこまめにチェックしておくことです。


取り扱う商品も、非合法的な商品、銃器、動物、劇薬などのほか、アダルト関連グッズ、超小型カメラや催涙スプレー、スタンガン、特殊警棒など犯罪に使用される可能性のある商品、ブランド品など、販売禁止の商品もあるので、どのような商品は取り扱ってはいけないのか把握しておきましょう。


特にブランド商品を取り扱う場合、ヤフーショップは別途審査が必要になり、出店時だけでなく出店後の取り扱いも対象になるということは知っておいたほうが良いでしょう。



他にも、Amazonとの併売を行う場合、ヤフーショップの規約でAmazon等の箱を用いた梱包は禁止となっているので、他のストアの箱を用いた梱包は行わないようにすることです。


ブランド品やメーカー品の偽物も勿論販売できませんが、特に中国からの輸入物の場合、偽物と知らずに販売してしまうケースがあるので注意が要ります。


閉店に追い込まれないよう、お客のサポート、ガイドラインの確認、Yahooの営業担当者との情報共有など、しっかりした体制を整えておくことも大事です。


ネット通販に長く携わっている人の間では良く知られていることのようですが、楽天のお客様は通販の利用歴が長い人が多く、 これに対し、ヤフーショップを利用する人はネット初心者が多い、という傾向がある、ということも参考として知っておくと良いかと思います。



まとめ


ヤフーショップの開店には、様々なメリットがあります。


まとめてみると、


・ヤフーショップで出店する際は、Amazon、楽天などと比べ、初期費用、月額システム利用料、売上ロイヤルティなどが必要ない。


・Yahoo! JAPANは利用者が多く、Yahoo! JAPANのトップページ、検索結果ページ、各サービスページ、アプリなどからお客を誘導できる集客力がある。


・外部リンクもOKで、他の自社サイトへ客を導くことができ、他にも無料メールマガジンの配信、SNSへの誘導もできる。


・分析ツールや統計情報を活用でき、さらに無料の電話サポートもある。


・無料で専任のアドバイザーから様々なサポートが受けられる。


・ストアクリエイターproを活用することで、ストアの店舗情報の管理、デザインのほか、商品の登録から購入後の発送連絡まで行える。


・Amazonと比べ、真贋要件がほとんどなく、他にも、Amazonでの販売規制商品やAmazon限定も販売可能、規制のきつい初回限定品も可能、展示品も新品コンディションで販売可能、Amazonの場合ほぼ新品もカート取得不可となることがあるなど、Amazonに無いメリットも数多くある。


このように、ネットショップ運営の初心者でも、出店しやすいことがわかりますね。


これ以外にも、ヤフーショップの出店ツール「クロスマ」を活用することで、簡単な操作で多くの作業が自動化でき、業務効率が効率化され、しかも、ヤフーショップ以外にもAmazonなど様々なモールへの同時出品、販売を行う併売もサポートしてくれます。


出店してから、お客のサポート体制をしっかりさせて信用を得るとともに、ガイドラインの確認、Yahooの営業担当者との情報共有なども怠らないことで、安定した運営、収益を上げることにつながるのです。


「ヤフーショップは、まぁまぁ売れるよ。

もちろん、売れるか売れないかは、商材や運営方法次第だけど」


ヤフーショップに出店してから8年ほど経つ人の声です。


やはり、しっかりした体制を心掛けるのも大事、というわけですね。


出店したらそれで終わり、というわけではなく、お客様を引き付けるための魅力ある商品の画像や説明文の作成、商品データの登録、様々なプロモーションの施策、売上結果の分析など、労力も厭わない、というのも大切なことなのです。


以上がヤフーショッピンングでの開店するためのノウハウをお話しさせていただきました。


少しでも皆さんのお役に立てる情報があれば幸いです。

スポンサーリンク

せどりで必須のリサーチツール


ブログの利益計算にデルタトレーサーを使用してますので使ってない方は是非ご利用ください!!


DELTATRACERで商品の販売価格や出品者数、アマゾンランキングの変動を確認する事で…


・販売までに掛かる期間


・仕入れた際の利益額や利益率


・仕入れるべき商品個数


・季節ごとの人気度


・実際に売れている価格帯


これらの情報を誰にでも簡単に知る事ができます。NEWタイプDELTATRACERには“在庫リスクの無い確実な仕入れ判断”を行う上で、欠かすことのできない様々な機能が搭載されています。


登録はこちらから↓


NEWタイプDELTAトレーサー


もっとお金になる情報、毎日提供



ただ今、メールマガジンにて利益のでる商品と

お得な情報を提供しています。



さらに登録してくれた方には

下記の5点をプレゼント!!

今なら完全無料です!! ↓↓↓

☆利益総額25万円の商品リスト (商品点数300点)

☆電脳仕入れマニュアル (49800円)

☆せどり失敗と対策マニュアル

☆FBA納品先固定化裏技 (各9800円)

☆コンサル・教材を見極める方法(29800円)


デルタトレーサーも申込みいただいた方には特別にリアルタイムな商品情報を5日間で20商品ほどをプレゼント配信!! メールマガジンからご連絡ください


カズキ せどり教育配信局



yahooメール、gmailは、ほとんどの場合、迷惑メールフォルダに入り、プレゼントが見つかりづらいです。


もし、迷惑メールフォルダに入っていた場合は、「迷惑メールではない」ボタンをクリックして、受信フォルダに戻してください。


そうしないと、次回からの重要なメールが届かなくなってしまいます。


今日もさらに1UP↑しましょう。



ブログランキングに掲載してますので

ささやかな応援お願いいたします。


ワンちゃんをポチッて頂きますと商品情報のせる活力になります♪


にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村


また明日。